Windows 365 の試用版を使う

今回は Windows 365 の試用版を利用し動作を確認していきたいと思います。

はじめに

Microsoft 365 E5 の試用版を使っている環境で Windows 365 の試用版ライセンスを取得して動作を確認していきます。ライセンスの取得は Microsoft 365管理センターの [サービスを購入する] の画面から行いましょう。

Windows 365 を利用する端末のスペックを選びますが、試用版では単一のスペックしか用意がありません。おとなしくこちらを利用しましょう。

あとは画面に従って利用を開始します。詳細な手順は割愛します。

ライセンスの割り当て

Windows 365 の試用版ライセンスをユーザーに割り当てます。

Windows 365 のプロビジョニング

エンドポイントマネージャーから Windows 365 をプロビジョニングする設定を構成する必要があります。このポリシーを割り当てることでプロビジョニングが行われ Windows 365 を利用することができるようになります。まずは以下の画面まで進みます。

[+ ポリシーの作成] をクリックして、プロビジョニングポリシーを作成していきます。
とりあえず、動作を確認することを目的としているので、以下のように設定し、[次へ] をクリックします。

次に展開する OS のイメージを選択します。[イメージの種類] は [ギャラリーイメージ] とし、 [Windows Enterprise + OS Optimizations] を選択します。 [Windows Enterprise + Microsoft 365 Apps] は、プロビジョニング時にすでに Office アプリケーションがインストールされている状態で展開することができます。必要な方はこちらのオプションも利用できます。

[言語と地域] を設定します。今回は [日本語(日本)] とします。[追加のサービス] は [None] とします。 [Windows Autopatch] は Windows Update の管理を Microsoft に一任するサービスですが、こちらの詳細はまた別の機会に記載することにします。

プロビジョニングポリシーを割り当てる対象を指定します。今回は secure01 というセキュリティグループに対して割り当てを行います。あとは画面の案内に従って進めいき作成を完了します。

プロビジョニングポリシーの作成後

Windows 365 のプロビジョニングには時間がかかります。以下の [すべてのクラウド PC]よりステータスを確認します。ステータスが [プロビジョニング済み] となれば、利用することができます。

実際に操作してみる

以下のように Windows 365 をクリックしてアクセスを行います。

次の画面で [ブラウザーで開く] をクリックします。

セッション設定や資格情報を求められるので、案内に従い画面を進めていきます。
あとは、ブラウザ上から Windows を操作できるようになります。
ブラウザで Windows を操作できるというのはなかなか便利です。

投稿者:

naogaku

勉強したことや面白かった出来事を書いていこう、と思います

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中